ブログ

「東京ビックサイト2018」

11月1日(木)から11月6日(火)までの6日間、東京ビックサイトにて開催された日本工作機械見本市(JIMTOF2018)を見学して来ました。

2年に一度開催されるJIMTOFですが海外からの出店メーカー・外国人来場者も多く、規模の大きさにまず驚きました。

世界的なIT(情報技術)関連投資や電気自動車(EV)などの技術開発の拡大を背景に、

あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や省エネなど日本製品の高い技術力への注目が高まっており、JIMTOFは各メーカーの新製品や新技術の初披露の場としているようです。

出展が1085社と前回より116社増え、来場者は153,103名でその内、海外の来場者は12,791名を越え、過去最高の来場者だったようで、当面は好調な景気が続くのかなと信じています!

お客様にいかにタイムリーにご案内、ご提案をアウトプットするか少し悩ましい所もありますが、

いろいろなメーカーに相談や新商品の説明を受けることができ、とても勉強になる展示会でした。

次回は2年後の2020年12月7日(月)~12日(土)になります。

営業部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

▲ このページの先頭にもどる